«

»

3月 11

限度を守って快適キャッシング

初めての人が快適で便利なキャッシングの利用を続けていくためには、借りすぎのリスクを抑えて返済のスピードと利息の支払い金額をコントロールすることが必要です。必要のないキャッシングを避けて、自分のできる範囲で早めの返済を行うことで借り入れ金額が増えすぎてしまう債務超過を避けます。

基本的にキャッシングでは自分が返済できる金額しか借り入れしてはいけません。借り入れ限度額は消費者金融など業者によって定められますが、限度額いっぱいまでキャッシングすれば返済期間は長くなり、利息もかさみます。消費者金融では総量規制という法律のルールによって年収の3分の1までしか貸付ができなくなっています。初回に年収の3分の1借りられることはありませんが、それでも10万円以上の限度額がつくこともあります。それを一度に使ったとしたら、おそらく返済には何ヶ月もかかってしまうでしょう。

キャッシングでもっとも注意すべきことは、返済です。実際には多くの限度額を決められたとしても、自分の返済の限度に合わせて借り入れを行うようにして、使いすぎを防ぐことが大切になります。また、借り入れ総額が増えて利息が多くなれば、毎月定額ずつ支払いをしても元金に充てられる金額は少なくなり、さらに返済が長引きます。